外観(2020年3月撮影)

英国貴族の邸宅、憧れの“マナーハウス”を
モチーフにした佇まい。

西欧では古くより緑豊かな敷地の一画に貴族や名士が邸宅を建て、優雅な田園生活を満喫してきました。
こうした領主の館は“マナーハウス”と呼ばれ、現在も多くの人の憧れを集めています。
若葉台の街並みと豊かな自然を借景に。
“マナーハウス”を建物モチーフにした、優雅な時間を過ごせる邸宅を創出します。

外観(2020年3月撮影)
エントランスホール(2020年3月撮影)

赤煉瓦壁が印象的な高い格調、
エントランスホール。

イギリスの伝統的建築物を思わせる赤煉瓦の壁にはアーチ状の通路。シックな木目調のコンシェルジュカウンター、折上天井からの上品でほのかな灯り。造り込まれた格調高い空間には、別世界にいるような優雅な時間が流れています。

外観エントランス(2020年3月撮影)

エントランス部分はスロープになっており、出入り口もゆとりある幅で設計されているため、車椅子でも楽に出入りすることができます。

※掲載の写真は、2020年3月に撮影したものです。
  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら